リースと購入

お金コピー機には購入という選択肢以外にもリースという選択肢もあります。メーカーや性能で値段は違いますが、新品のコピー機をリースで導入している会社も多くあります。安いものだと月額4000円程度からあるので非常に気軽に借りられるのも魅力的です。月による印刷枚数によって月額料金に変動があるのでそちらにさえ気を付ければ計画的に高いコストパフォーマンスを望めます。コピー機の価格の違いで一番差を感じる部分は印刷速度です。印刷枚数がそこまで多くなければ重視しなくても大丈夫ですが多い場合は重要なポイントになってきますので判断する基準にしましょう。リースは初期費用もかからないのもメリットがあります。購入するのが今すぐは難しいという状態ですとそういった選択肢も効果的になります。カラーがなくモノクロ専用のコピー機も安いので本当に最低限の機能で良い場合は安く済ませる場合はそうすることをおススメします。

リースではなく中古のコピー機を購入する場合、希望する性能もそうですが予算も非常に関係してきます。安いものですと本体代金は3万円程度のものから30万円程度のものまであります。中古なので全体的に安く購入できますが、性能に非常に差があるので気を付けましょう。

 

中古コピー機の種類

コピー機中古のコピー機の購入する際に相場としては10万円前後ですが、10万円以下のコピー機の場合はどうしても訳ありな物が多くあります。安いのですぐに手に入るというメリットがありますが、長期的に使用する場合は安すぎるものではないコピー機を購入した方が長くもつので得する場合もあります。安いコピー機ですと、保守契約が短く保守料金が高くなる場合が多く、使用頻度が多かったコピー機が多いので購入してすぐ壊れてしまう可能性が高いです。10~20万程度のものですと人気が高く、オフィス等でよく利用されるコピー機です。やはりある程度は安心して使えるものが良い場合はこの価格帯の中古のコピー機を導入するのがおススメです。長期利用をするのならばコストパフォーマンスが非常に良くなるでしょう。

20万円以上の価格のコピー機ですと型が古いだけでスペックは新しいものとなんら遜色ないものというコピー機がほとんどです。印刷速度、性能が非常に優れているので性能の良いものがほしいけど新品を購入するほどの予算がない場合は非常にこの選択肢は有効的です。ビジネスで必需品といわれるコピー機ですが、性能や値段で差が非常にでるので一番求めている性能と利用期間を考え選択しましょう。中古のコピー機の購入は非常に有効な選択肢の一つでしょう。

コピー機の種類と購入

コピー機スキャンコピー機は企業でも個人的にでも必要なシチュエーションは多いです。会議で人数分の書類が必要な場合等、全てをデジタルではなく紙媒体で必要になる事が多いため、コピー機があるのとないのとでは全く違います。まだコピー機を所有していないという人は一体どのようなものを購入すれば良いのかわからないことがほとんどです。新品や中古、メーカー、機種、オプション等購入するとなると選択肢は幅広いので購入する際は悩むでしょう。個人的にはなく企業で購入するものであればビジネス向きの複合機がおススメです。コピーだけでなくFAXやスキャン、プリンターの機能がついているものなので、コピーする以外でも利用ができるものなので非常に重宝されるでしょう。複合機の利点としては場所の節約、管理がしやすいためコストカットの効果があるということです。メーカーによって少しずつ変わっていきますが、一番自分にとって使いやすいものを購入するのが良いでしょう。

コピー機を購入するにあたって気になるのは、機能は勿論ですが、やはり値段でしょう。コピー機は決して安いものではないのでできるだけ安くて機能が充実しているものをと思うのが当然です。新品を購入しなくてもしっかり長期的に利用ができるのならば中古のコピー機のが安く購入することができます。企業で購入する場合ならばコストも踏まえて判断が必要です。個人で購入するものでも判断材料が変わってきます。当サイトではコピー機を安く購入する方法を説明します。